LIVING TALK

MAKING

LIVING TALK
作山窯 hiiro-ヒイロ

自然と共存する個性派窯

作山窯

「個性を表現できる仕事をする」と
まるで作山という一人の作家が存在するかのように
話すのは作山窯三代目・髙井宣泰氏。
作山窯では100種類以上の釉薬と14種類の土、
3通りの焼き方を組み合わせ、
自らの個性を磨き上げた作品を送り出しています。


続きを読む

作山窯
京陶窯業 cekitay-セキテイ-

洗練された造形が求めた技術

京陶窯業

艶と色のない世界。
一聴すると冷ややかな印象を持つ言葉ですが、
艶と色はなくともその表面の柔らかな陰影が
静謐な空間と安らかな時間を感じさせる器が
「cekitay-セキテイ-」です。
無釉の「はくさ」、マット釉の「いし」、
セキテイの洗練された造形が求める高い精度は、
京陶窯業でなくてはなしえない技術の結晶です。


続きを読む

京陶窯業
竹堂園 HASU-ハス-

器に生を与える職人の釉

器は生きている。
意図して表面にヒビを発生させる技術
「貫入(かんにゅう)」は、
器を焼く際に生地とその上に掛けるガラス釉の
収縮率の違いによって起こる現象を言います。
その貫入は焼き上がりでは止まらずに使っていても
少しずつ増えていくのです。


続きを読む